光触媒塗料は次世代のミラクル塗料!そのメリット・デメリットとは?

光触媒塗料は太陽光で外壁の汚れを自動的に落とすことができる、次世代のミラクル塗料です。光触媒塗料にはメリットも多いですが、デメリットもいくつかあります。

今回の記事では光触媒塗料の特徴やメリット、デメリットのほか、光触媒塗料の主な商品、取り扱うときの注意点などについてお伝えしていきます。

この記事でわかること
  • 光触媒塗料とは何か
  • 光触媒塗料のメリット・デメリット
  • 光触媒塗料にかかる費用の相場
  • 光触媒塗料を扱っているメーカー
  • 光触媒塗料を扱う際の注意点など

光触媒塗料とは?

光触媒塗料はオートクリーニング機能など次世代の塗料と言われています。オートクリーニング機能のように、メリットが多いと言われる光触媒塗装とは、どんな特徴のある塗装なのでしょうか。以下に光触媒塗装の特徴について、いくつかお伝えしていきます。

太陽の光で汚れを落とす塗料

光触媒塗装は外壁の汚れを、太陽の光を使って落とすセルフクリーニング機能があります。化合物などの有機質な汚れに対して有効で、長い年月をかけて徐々に汚れていくタイプの汚れを自動的に洗浄する効果が期待できます。

光触媒塗料は酸化チタンを原料としており、「酸化分解」と「超親水化」の機能を備えています。つまり、紫外線が当たると化学反応によって汚れを分解し、さらに親水性が高いことから、その分解した汚れを雨で洗い流すことができるのです。

ただし泥や砂などの無機質の汚れに対しては効果を発揮できず、光触媒塗料の種類によっては太陽光が届かない場所についても同様にオートクリーニング効果が発揮しにくいという特性も。

また木部や漆喰などには塗装できないなど、対応していない外壁材もあります。

光触媒塗装については、以下の記事でもご紹介しています。ぜひ参考にしてください。
外壁塗装の「塗料」どう選ぶ?塗料の種類から特徴まで徹底比較します!

光触媒塗料には2種類がある

光触媒塗料には「紫外線型」「可視光型」という2つの種類があります

「紫外線型」の塗料は、紫外線によって光触媒の防汚作用が発揮されるものを指します。逆にいうと、紫外線がないと防汚効果が得られないので、日が当たらない場所では十分な効果が発揮できない場合もあります。

そこから改良されたのが「可視光型」の塗料です。紫外線が直接当たらなくても、光が当たるだけで防汚作用が発揮される塗料のことです。しかし防汚作用がやや弱いのが「紫外線型」と比較した際の難点とされています。

トイレで有名なTOTOが開発した技術を応用

光触媒塗装とはトイレで有名なTOTOが開発した技術を応用した塗料です。光触媒塗料といえばTOTOの製品が一般的となっています。TOTO以外のメーカーも光触媒塗料を販売していますが、品質が高いのはTOTOとピアレックスの2社ぐらいだと思って良いでしょう。

また大手塗料メーカーは光触媒塗料を販売していません。そのため光触媒塗料はほぼTOTOの商品のみで、シェアの大部分をTOTOが占めている状態です。

近年では利用頻度が減っている

セルフクリーニング機能で汚れがつきにくい光触媒塗装ですが、TOTOが光触媒塗料の販売を終了してしまったために希少価値が上がり単価が高くなりました。そのため、近年では光触媒塗料をつかった塗装は減少傾向にあります。

また元々光触媒塗料は材料単価が他の主な外壁塗料に比べて高価で、塗装する際にも高度な技術が必要です。そのため塗料にも塗装にもコストがかかるため需要が伸びにくいという理由もあります。

まとめると…
  • 光触媒塗料は太陽の光を使って外壁の汚れを分解できる
  • 光触媒塗料には「紫外線型」と「可視光型」の2種類がある
  • トイレで有名なTOTOが開発した光触媒技術を応用している
  • 材料単価や施工単価が高いことなどから近年では利用頻度が減ってきている

光触媒塗料のメリットとは?

次世代の塗料と言われる光触媒塗料ですが、光触媒塗料にはどんなメリットがあるのでしょうか。以下に光触媒塗料のメリットを、いくつかご紹介していきます。

太陽の力で汚れを分解できる

光触媒塗料は付着した汚れを太陽光の力で分解する機能があります。そのため汚れが外壁につきにくく、洗浄などのメンテナンス作業を減らすことができるのです。定期的に外壁を水などで洗い流す作業を依頼しなくて良いので、メンテナンス費用の削減にもつながります。

ただし太陽光が届かないような場所の外壁はオートクリーニング効果を発揮できません。太陽光が届かない場所のクリーニングは、主な外壁塗料同様にメンテナンスが必要になります。

雨で汚れが洗い流せる

光触媒塗料の表面に付着した汚れは、太陽光で汚れを分解された後、雨によって洗い流されます。塗料の表面で汚れを分解し雨で洗い流すため、汚れがつきにくいというメリットがあります。また、人の手で外壁を洗浄する手間も少なくて済むでしょう。

ただし雨が届かないような軒下などの場所は、自動で汚れが洗い流されません。雨が届かないような場所の外壁の汚れは、手動で水洗いするなどの対策が必要です。

耐用年数が長い

光触媒塗料は耐用年数が15年から20年ほどあります。他の主な外壁塗料に比べると長いので、塗り替えの作業が少なくメンテナンスの手間やコストがかかりません。

ただし屋根と同時に塗り替えを行う場合は、屋根の塗料の耐用年数も合わせておく方が塗り替えのコストを抑えられます。光触媒塗料は屋根用の商品が販売されていないので、屋根の塗料も高品質で耐久性が高い塗料を選ぶ方が良いでしょう。

空気の浄化機能がある

光触媒塗料の周囲には活性酸素が発生するため、活性酸素の作用で外壁の周囲の空気が浄化されます。光触媒塗料が外壁に塗装されているだけで空気を浄化できるので、環境にやさしい塗料と言えるでしょう。環境汚染による人体への影響が気になる方にも向いている塗料かもしれません。

まとめると…
  • 太陽光で自動的に外壁の汚れを分解できる
  • 太陽光が分解した汚れは雨で洗い流される
  • 光触媒塗料は耐用年数が15年から20年と長い
  • 光触媒塗料には空気の浄化機能もある

光触媒塗料のデメリットとは?

セルフクリーニング機能などのメリットが多い光触媒塗料ですが、光触媒塗料はデメリットもいくつかある塗料です。以下では光触媒塗料のデメリットについて、いくつかお伝えしていきます。

コストが高い

光触媒塗料は材料単価が高い塗料です。1平米あたり3,500円以上で、主な外壁塗料のなかでも特に高価格です。また近年TOTOが光触媒塗料の販売を中止したため、元々効果な光触媒塗料が希少価値が上がることで、さらに単価が上がりつつあります。

TOTOの他の大手塗料メーカーは光触媒塗料を販売していないため、TOTOが販売を中止すると市場に出回る光触媒塗料も品薄になってしまいます。他のメーカーも光触媒塗料を販売しているところはありますが、製品の品質が信頼できるのはTOTOのほかピアレックスの商品のみです。

色や艶の種類が少ない

光触媒塗料は酸化チタンという材料を使用しています。その酸化チタンという材料の性質上、カラーバリエーションが白色系の色に偏りがちです。光触媒塗料は選べる色や艶の種類が少なく、デザインにこだわりがある人には選択肢が狭くなってしまうというデメリットがあります。

施工に手間がかかる

光触媒塗料は塗装するときに高い技術力が必要な塗料です。水のようにサラサラしているので、塗料が外壁に付着しにくく塗装しにくいという特徴があります。技術力がない経験が浅い業者に塗装を依頼すると、技術力不足で施工不良を起こす可能性も。

光触媒塗料を正しく塗装できないと、光触媒塗料の最大のメリットのひとつであるオートクリーニング効果を発揮できなくなってしまいます。光触媒塗料を塗装する際には、光触媒塗料の塗装実績が豊富な業者を選んだ方が確実です。

塗装の工程が多い

一般的な塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りですが、光触媒塗料は上塗りの後に「光触媒コーティング」を塗るため4度塗りです

通常の塗装より1工程分多いので、塗布や乾燥に必要な時間が長くなります。その分、工期が長くなり、人件費も多くかかってしまうでしょう。

太陽光や雨が当たらない場所では効果が薄い

光触媒塗料は太陽光を使って汚れを分解し、その分解された汚れを雨で洗い流すことでセルフクリーニング効果を発揮します。日光が当たりにくい日蔭や、雨が当たらない軒下などではその効果が得られにくく汚れがたまりやすいというデメリットも。

太陽光が当たらず汚れを分解できない場合は、通常の外壁と同様に水洗いなどのメンテナンス作業が定期的に必要になります。また雨が当たらない場所の場合も汚れが洗い流されないので、手動で水洗いをする必要があるでしょう。

土や砂などの無機質系の汚れには自浄作用が働かない

光触媒塗料の汚れを分解する機能は、有機質の汚れに対してのみ有効です。土や砂、錆などの汚れは無機質になるので、光触媒塗料のセルフクリーニング機能は働きません。土による汚れは通常通り水で洗い流すメンテナンス作業が必要です。

周囲に畑が多いなどで土埃が頻繁に起こる場所や、雨が少ない場所などでは光触媒塗料のオートクリーニング効果を存分に発揮できない可能性もあります。周囲の環境も考慮しながら塗料を選択することも大切でしょう。

屋根に塗装ができない

光触媒塗料は屋根用の塗料が販売されていないため、屋根に光触媒塗料を塗装することはできません。光触媒塗料並みの耐用性がある屋根用塗料はほとんどないため、外壁に光触媒塗料を使用すれば屋根の塗り替えのタイミングが先にやってきます。

屋根と外壁に使用する塗料の耐用年数の差があまりに大きいと、このように塗り替えのタイミングがバラバラになってしまうのです。

そうなると足場を組む費用などが外壁と屋根の2回必要になるなど、メンテナンスのコストが増加するといったことも。

屋根と外壁のメンテナンス時期を合わせるためには、屋根に耐用年数が長いグレードの高い塗料を塗り、それぞれの塗料の寿命を同じくらいにするのがポイントです。

屋根塗装の塗料については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
「屋根塗装」塗料のすべてを解説!種類やおすすめランキングも紹介!

まとめると…
  • 光触媒塗料は1平米あたり3,500円以上と材料単価が高い
  • 使われている材料の性質で色や艶の種類が限られる
  • 塗装に高い技術力が必要で施工が高額で難しい
  • 太陽光が当たらない場所はセルフクリーニング機能が発揮されない
  • 土や砂といった無機質の汚れにはセルフクリーニング機能が発揮されない
  • 光触媒塗料には屋根用の塗料がない
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

光触媒塗料を塗装するのにかかる費用相場は?

光触媒を塗装するのには高い技術力と経験が必要なため、塗装にかかる費用も高額になる傾向があります。30坪程度の住宅の場合、外壁のみでも80万円から120万円かかり、外壁と同時に屋根も塗装する場合は屋根の塗料の材料代と塗装代も追加で必要です。

ちなみに光触媒の材料費のみであれば35万円から45万円ほどです。また屋根用の光触媒塗料は販売されていないため、別の塗料を注文する必要があります。そのほか外壁材と屋根の塗料は、塗り替えのタイミングを合わせた方がランニングコストを抑えることができます。そのため屋根に使用する塗料も、耐久性が高い高単価な材料を選ぶ必要があるでしょう。

まとめると…
  • 光触媒塗料を塗装する費用の相場は30坪程度の住宅の外壁で80万から120万円ほど
  • 光触媒塗料の材料費は35万円から45万円ほど
  • 塗り替えの時期をそろえるため屋根の塗料も高品質なものが必要

光触媒を扱っているメーカーをご紹介!

光触媒はTOTOが開発した光触媒技術を利用した塗料です。そのため大手塗料メーカーは光触媒塗料を販売していません。シェアの大半をTOTOが独占している状態ですが、TOTO以外にも光触媒を扱っているメーカーにはピアレックスがあります。

TOTOとピアレックス以外にも光触媒塗料を販売しているメーカーはありますが、品質などの面から信頼できる塗料はTOTOとピアレックスの塗料のみです。以下に、TOTOとピアレックスで扱っている光触媒塗料の特徴などをご紹介していきます。

TOTO

TOTOは光触媒塗料の最大シェアを誇るメーカーです。光触媒塗料の「ハイドロテクト」が有名ですが、現在は光触媒塗料の販売を終了してしまっています。

ハイドロテクトの主な使用場所としては外壁のほか、室内のエクステリアにも使用されます。外壁塗料として使用された場合は、太陽光で汚れを分解し雨で洗い流すオートクリーニング機能と、活性酸素による空気浄化作用が期待できるでしょう。

室内で使用された場合は、抗菌効果や防臭効果も期待できます。塗料がほこりの付着を防ぎ、菌やウイルスの分解を促進する効果があるので、菌による悪臭を防ぐ効果も期待できます。

ハイドロテクトを外壁や室内の壁面に使用することで、メンテナンスや日常のお掃除が楽になるというメリットが得られます。

ピアレックス

ピアレックスは光触媒塗料の「ピュアコート」を販売しているメーカーです。ピアレックスの「ピュアコート」は、TOTOのハイドロテクトに続いて信頼性が高いと考えられている光触媒塗料で、水性、溶剤系、タイル用の3種類が販売されています。

超親水性の壁面と光触媒の作用により、壁面の汚れを除去するオートクリーニング機能のほか、高い耐久性、紫外線カットの効果もあります。紫外線がカットできるため、塗料の色褪せも抑えることが可能です。

そのほか伸縮性がある塗料のため、モルタル外壁の塗装にも使用することができます。光触媒塗料が乾いた後にすぐ親水性が発揮されるため、施工しやすいというメリットもある塗料です。

まとめると…
  • 信頼できる性能の光触媒塗料はTOTOとピアレックスの商品のみ
  • TOTOのハイドロテクトは高いシェアを誇る光触媒塗料
  • TOTOのハイドロテクトは外装のほか内装に使用できる
  • ピアレックスのピュアコートは水性、溶剤系、タイル用の3種類が販売されている
  • ピュアコートには紫外線カット機能、高い伸縮性、施工しやすいというメリットがある

光触媒塗料で塗装するときの注意点・ポイントは?

塗装に高い技術力が必要な光触媒塗料ですが、塗装するときにはどんな点に注意したら良いのでしょうか。以下に光触媒塗料を塗装する際の、注意点やポイントについてまとめました。

光触媒の業者探しは慎重に!

光触媒塗料は塗装するのに高い技術力が必要な塗料です。そのため、光触媒塗料の塗装経験がない業者に依頼すると、塗装を失敗して施工不良になる可能性があります。

光触媒塗料がうまく塗られていないと、光触媒塗料による外壁のセルフクリーニング機能が発揮されません。施工業者を選ぶときは、光触媒塗料の塗装実績がある業者に依頼する方が確実です。

光触媒塗料の効果は絶対ではない

光触媒塗料のオートクリーニング効果は、シェア最大と言われるTOTOの「ハイドロテクト」でさえ、業者の間で効果が疑問視されることがあります。

太陽光で汚れを分解する素晴らしい外壁塗料のようなイメージがありますが、実際は期待したほどの効果が得られないことも。光触媒塗料を外壁に塗装する場合は、光触媒塗料の効果を過剰に期待しないことも大切です。

環境や施工場所によっては、太陽光や雨が当たらない、土埃が多いなどの理由で光触媒塗料の効果が発揮しきれないこともあります。また、錆・黄砂・泥などの無機物は分解できないので、綺麗にすることはできません。

光触媒塗料を使いたいときは、光触媒塗料の効果を十分に発揮できる環境かどうかも確認しておく必要があるでしょう。

まとめると…
  • 光触媒塗料は塗装に高い技術力が必要なため、実績のある業者を選ぶ
  • 技術力不足で施工不良を起こすと、光触媒塗料のセルフクリニング機能が発揮されない
  • 光触媒塗料のセルフクリーニング機能は、業者の中にも効果を疑問視する声がある
  • 環境や施工場所によっては、光触媒塗料の効果が発揮されないことも

光触媒塗料を使うのなら業者選びが最重要!

光触媒塗料は太陽光で外壁について汚れを分解して雨で洗い流すという、オートクリーニング機能を持った塗料です。また空気を浄化する作用もあるため、塗料を塗装するだけでも家の周囲の空気をクリーンにする効果も期待できます。

一方単価が高くて施工費用も高額になりやすい、カラーバリエーションが少ないというデメリットもあります。そのほか光触媒塗料の効果は太陽光や雨水が必要です。太陽光が届きにくい場所や雨水が当たらない場所は、光触媒塗料の効果を発揮しにくいでしょう。

また光触媒塗料は水のようにサラサラとしているなどの理由で、塗装に高い技術力が必要になります。光触媒塗料を塗装した実績がない業者の場合、技術力不足で施工不良を起こすことも。正しく塗装されなかった光触媒塗料は、オートクリーニング機能を発揮できないので、業者を選ぶときは施工実績があるかどうかを確認することが大切です。

 

外壁塗装に必要な費用について気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
外壁塗装の費用相場が全てわかる!リフォーム価格の計算方法&注意点

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami