屋根塗装の色、人気は何色?【最新版】色選びのポイントを解説!

屋根を塗装する上で色選びはやはり重要なポイントとなります。家全体の外観のイメージにも大きな印象を与えるなど非常に重要であるからこそ、屋根塗装の色選びは悩んでしまいますよね。

また、色の種類も豊富であるためどうやって選べばいいか、そもそも選ぶ上でのポイントとは何かもわからない方は多くいらっしゃるでしょう。そこで、今回は失敗しない屋根塗装の色選びについてご紹介します。

この記事でわかること
  • 屋根塗装の色選びにおけるポイントとは?
  • 屋根塗装の人気色は?
  • 屋根塗装にオススメする色や素材とは?
  • 屋根と外壁の組み合わせで相性がいいのは?
  • 失敗しないためには?

「屋根塗装の色選び」における3つのポイント

見出し画像(屋根の色選びの「ポイント」)

屋根塗装の色選びにおいては単純に自分の好きな色を選ぶだけではNG。屋根の色一つで家の印象がガラリと変わってしまうほど色選びは侮れないものなのです。

まずは色選びにおいて気にするべき3つのポイントについてお教えします。

①外壁との統一性を出す

外壁よりも屋根は濃い色にすると統一感が出て見栄えが良くなりやすいです。外壁より薄い色にしてしまうと締まりがないように見えてしまい、浮いた印象を与えてしまいます。

②面積効果を考慮する

実は色の種類だけで屋根の印象や見え方は決まるのではなく、塗った面積によって見えかたが異なってきます。色見本よりも実際に塗ったほうがわずかに明るく見えることを知らず、いざ塗ってみたら想像と違って落ち込んでしまうケースは意外にも多く存在します。希望の色よりもやや暗いものを選びましょう。

③カラーシミュレーションを過信しない

屋根塗装 家の模型「屋根塗装 カラーシミュレーション」と調べるだけで簡単に希望の色の組み合わせを確認することができます。しかし、カラーシミュレーションはコンピューター上で作成された色なので、実際の塗料で再現するとイメージと同じ見た目にはなりません。カラーシミュレーションは住宅全体のイメージを決めるだけにして、細かい色選びは色見本を使いましょう。

【最新版】屋根塗装の人気色は?

見出し画像(屋根塗装の人気色は?)

考慮するべきポイントはわかったけれど、まだ決めがたい…という方のために、ここからは屋根塗装の人気色について紹介します。是非、周りの人はどんな色を選んでいるのかを参考にしてみましょう。

ブラック系

家全体に締まりも出すことで洗練された雰囲気を作り、スタイリッシュに見える黒はやはり人気色です。重厚で格調高い印象を与えられ、またどんな外壁の色にもある程度合いやすいためブラック系の屋根を選ぶ人は少なくありません。

その一方で汚れが目立ちやすいことがデメリット。また黒は太陽光を吸収しやすく、夏場になると室温が高くなりやすいのも懸念点です。

グレー系

屋根塗装 グレーの屋根

黒よりも熱を吸収しにくく、白より汚れは目立ちにくいグレーは特に人気の高い色だと言えます。

メリットは汚れが目立ちにくい、外壁の色に合いやすいことです。落ち着いたトーンでまとまりがあるため飽きず、長期間楽しむことができます。しかし、明るいと地味になりやすいというデメリットも存在します。

ブラウン系

屋根塗装 ブラウンの屋根
ブラウン系もまたグレー系と同様に特に人気が高いです。

メリットは汚れが目立ちにくいこと、そして周囲に溶け込みやすいことです。街並みにも馴染みやすく一番無難であると言えます。しかし、周りとの調和が取りやすい分「個性」や「ユニークさ」にはどうしても欠けてしまい、ありきたりな仕上がりになってしまうのがデメリットでもあります。

グリーン系

意外にもグリーン系も人気色の一つで、特に周囲が自然に囲まれている家ならとてもナチュラルに溶け込んでくれます。

ただしこれまで紹介したベーシックな色味に比べるとやや個性的な色合いなので、思ったような雰囲気にならなかったり、場合によってはセンスが悪く見えてしまうこともある、やや難易度が高めのカラーです。

まとめると…
  • ブラック系は格式高い印象を与えられるが、汚れが目立ちやすく、太陽光を吸収しやすい
  • グレー系は落ち着いたトーンで長時間楽しむことができるが、明るいと地味になりやすい
  • ブラウン系は周囲に溶け込みやすく一番無難だが、ありきたりになりやすい
  • グリーン系は自然と溶け込みやすいが、センスが悪く見えることもある

屋根塗装にオススメできない色は?

見出し画像(屋根塗装にオススメできない色)「どうせ塗るならこだわりたい」、または「一番好きな色にしたい」など様々な思いがあることでしょう。もちろん好みの色にするべきですが、残念ながらあまり屋根塗装には向いていない色も存在します。

オススメ色を紹介したので、今回は屋根塗装にはオススメできない色を紹介していきます。

ホワイト系の屋根塗装

屋根塗装 ホワイト系屋根

シンプルで清潔感のある色は屋根塗装にあった色だと思われがちですが、あまりお勧めできない色の一つです。

ホワイト系の屋根をオススメできない最大の理由は、汚れが目立ちやすいということ。雨風や土埃を浴びるなどで汚れてしまっても、屋根は気軽に洗う事ができないため、どうしても汚れは目立ってしまいます。

また外壁の色に合わせにくいという欠点も存在します。ただ、ホワイト系は遮熱性が高いため、遮熱効果を期待したいと言う人ならホワイト系の屋根にすることも一つの手です。

レッド系の屋根塗装

屋根塗装 レッド系屋根

「赤い屋根のいえ」という有名な歌があるように、屋根というと赤色を想像する方は少なからずいらっしゃるでしょう。しかし、残念なことにレッド系はあまりお勧めできないのです。

ますレッド系は色褪せしやすい色です。原色に近いほど色あせしやすいと言われており、すぐに変色してしまい塗装した当初と色が違うことに驚かれる方は多くいます。また、レッド系は目立ちすぎるという欠点もあります。ただし外壁がホワイト系ならレッドの屋根は合うかもしれません。

ブルー系の屋根塗装

屋根塗装 ブルー系屋根

前述した通り、原色に近いほど色あせしやすいためブルー系もまたすぐに色あせてしまう塗料の色となってます。しかし爽やかな印象を与えてくれるため、好みだと言う人もいらっしゃるでしょう。色褪せる前にまめに塗り替える方ならブルー系もありです。

まとめると…
  • ホワイト系は汚れが目立ちやすく、外壁の色に合わせにくいが、遮熱性が高い
  • レッド系は色褪せしやすいが、外壁がホワイト系ならアリ
  • ブルー系は色褪せしやすいが、爽やかな印象を与えれくれ、こまめに塗り替えられるならアリ

遮熱性の高い屋根素材や色

見出し画像(遮熱性の高い屋根素材や色)

耐熱性の高いものを選ぶと、太陽光からの熱を跳ね除けて熱さを塗膜に浸透させない効果を発揮してくれます。猛暑でも太陽光の影響を妨ぐことが可能となるためオススメです。ここからは、そんな耐熱性の高い屋根素材や色についてご紹介します。

遮熱性を重視すべき屋根素材は瓦屋根

屋根塗装 瓦屋根瓦屋根は厚みがあり、熱も伝わりにくいため遮熱性に優れています。反対に金属屋根などは熱を吸収しやすいため遮熱性が低いためあまりオススメしません。

遮熱性の高い屋根の色はホワイト系!

最も光を反射するのがホワイトのため耐熱性を重視するならば、ホワイト系でしょう。黒に近い色ほど逆に遮熱性が低下します。

遮熱性に優れた代表的な塗料商品

日本ペイント「サーモアイ」シリーズは耐熱性に優れておりオススメです。シリコン樹脂を使用しているため耐久性が高く、遮熱機能により屋根への蓄熱を抑制してくれます。

またエスケー化研「クールタイト」シリーズは汚れによる遮熱効果の低下を防ぎ、高い遮熱性を維持し続けてくれます。

日進産業の「ガイナ」は特殊セラミック層で構成されていますが、この特殊セラミック層には周辺温度に適応する性質があるため、熱の均衡化をもたらし、結果的に熱の移動を抑えてくれるという非常にハイスペックな塗料です。

「屋根&外壁」の組み合わせで相性がいいのは何色?

見出し画像(屋根&外壁 相性がいい組み合わせとは?)屋根だけに着目して塗装の色を決めてみたら、なんだか思ったイメージと違う…という失敗は意外と多いもの。屋根の色を決める際には、屋根と外壁の相性や調和に着目しましょう。

ここでは、屋根と外壁の組み合わせで相性がいい色は何色かをご紹介します。

黒い屋根に合う外壁色

屋根塗装 黒い屋根の家

黒い屋根は基本的に何色でも合います。例えば、グレー、ブラウン、ベージュ、ホワイトのほか、ブラックに近い外壁色でも可能です。どの色を合わせてもシックな印象を与えてくれます。

ブラウンの屋根に合う外壁色

ブラウンもまた基本的に何でも合います。ブラウンもまた黒と同様にグレー、ブラウン、ベージュ、ホワイトのほか、ブラックに近い外壁色でも大丈夫です。自然で、親しみやすく素朴な印象を与えてくれます。

グレーの屋根に合う外壁色

屋根塗装 グレーの屋根の家

こちらも基本的に何でも合いますが、同色となるグレーや黒に近い外壁色は避けたいところです。ブラウン、ベージュ、ホワイトなど薄い色が最適で、ブラックに近い色やグレーはやめましょう。

同色を選んでしまうとどうしてもメリハリがなく、ぼんやりとしてしまいます。

緑や赤、青の屋根に合う外壁色

屋根塗装 緑の屋根の家

緑や赤、青など目立つ色を選ぶ場合は、ホワイト系やベージュ系の薄い外壁色が適しています。やはり緑や赤、青などにすると屋根の色自体が強いので外壁は落ち着かせるべきでしょう。

白い屋根に合う外壁色

白い屋根は外壁とのバランスをとるのが難しい色です。前述した通り、外壁より薄い色にしてしまうと見栄えが悪くなりがちです。屋根が単調に見えるため外壁は2色以上にし、ブラウン+ベージュのように薄めと濃いめの色による組み合わせが望ましいでしょう。

センスを問われますが、白い屋根+黒い外壁もありです。ただ、これは本当にセンスが必要なので自信がない方は避けるべきでしょう。

まとめると…
  • 黒い屋根は基本的に何色でも合う
  • ブラウンの屋根の基本的に何色でも合う
  • グレーの屋根は基本的に何でも合うが、同色となるグレーや黒に近い外壁色は避けたい
  • 緑や赤、青の屋根は薄い外壁色が合う
  • 白い屋根はバランスを取るのが難しい

色選びを失敗しないためには?

見出し画像(色選びを失敗しないためには?)これまで色選びにおける様々な重要なポイントをご紹介してきましたが、それでもなお「オリジナリティを出したいけど大きな買い物だしそう簡単には決定できない」、「色選びなんて責任重大なことはできない」など失敗をどうしても恐れてしまってる方はたくさんいらっしゃるでしょう。

ここからは、失敗しないために重大なポイントをお教えします。

まずはイメージを言語化する

屋根塗装 考える女性周囲に溶け込ませたいのか、目立たせたいのか、など自分はどういうものを目指しているのかをイメージし、言語化して大体の色を決めることから始めましょう。

自分の中でイメージがあったとしても、伝えられなきゃ意味がありません。自分がイメージしている色が何色なのかしっかりと理解しましょう。

カラーシミュレーション→色見本という手順を踏む

カラーシミュレーションを使用すれば簡単に塗り替え工事完了後をイメージすることができるため大変便利ですが、大雑把なイメージしか判別できないため、その後は色見本を使って細かい色選びを行いましょう。

屋根は暗い色が望ましい

屋根塗装 並ぶ家

屋根はブラック系であれば基本的にどんな外壁色でも合います。例えば、ブラック系であったらグレー系はもちろんベージュも黄色も合います。屋根の色選びが面倒、またはこだわりはないというのならなら一番無難であるためブラック系を選びましょう。

外壁は3色までにして統一感を出す

外壁に使う色はなるべく3色までにしてください。4色以上だと統一感がなくなり、まとまりのない散らかった印象を人は受けてしまいます。結果見栄えが悪くなってしまうので3色までに抑えましょう。

まとめると…
  • 自分がイメージしている屋根塗装の色をしっかりと言語化する
  • カラーシミュレーションのあとは必ず色見本を使う
  • こだわりがないのなら暗い色にする
  • 外壁の色は3色までに抑えて統一感を生み出す

イメージと仕上がりの差を埋めるには?

見出し画像(イメージと仕上がり 差を埋めるには?)人間の想像するイメージにはやはり限界があります。実体として存在するわけではないので容易に比較などをすることはできません。そこからイメージと仕上がりの差も生まれてしまうでしょう。

ここからはイメージと仕上がりの差を埋めるには何をするべきかについてご紹介します。

カラーシミュレーションを活用する

屋根塗装 カラーサンプルカラーシミュレーションは、コンピューター上で自宅を表示させ、様々な色を重ねて見るテスト作業です。おおよそのイメージを決められるため、視覚的に住宅全体を見るのに役立ちます。

しかし、コンピューター上で作成された色と実際の塗料の色は異なるためあくまで参考程度に留めましょう

他の家を見て回る

現実の色との差を埋めるために他の家を見て回り、イメージに近い住宅を探すのも有効です。イメージしていたものより好みの家の外観を見つけられたら、それを参考にして自身の屋根と外壁の色を決めるのもありでしょう。丸パクリは避けるべきかもしれません。

試し塗りをする

一番有効な手段はやはり試し塗りをすることでしょう。外壁の素材や凹凸によって色のイメージは変わるため、実際の外壁に試し塗りをすることでイメージとの差を埋めやすくなります。

ただし試し塗りは実際に塗料を使って作業を行うため業者に依頼する際は有料の可能性が高いです。他と比べ費用が発生してしまいますが、確実に失敗しない方法であることは間違い無いです。

まとめると…
  • カラーシミュレーションはあくまで参考程度に
  • 他の色をみて実際塗るとどうなるのか理解する
  • 試し塗りをしてしっかりと確認するのは一番有効的だが費用が発生する

屋根塗装で失敗したくない人は暗い色を選ぼう!

好きな色を屋根塗装の色として選びたいと思われる方はいらっしゃるでしょう。しかし、レッド系やブルー系は色褪せやすかったりホワイト系は汚れが目立ちやすかったりと欠点が多く存在し、メンテナンスが大変です。

対してブラック系、グレー系、ブラウン系、グリーン系などの暗い色はやはり人気色なだけあって汚れが目立ちにくかったり、調和が取りやすかったりと利点がたくさんあります。

あえて明るい色を選ぶことで個性を出したいというのならレッド系などの明るい色の塗料を選ぶこともありでしょう。しかし、もしあなたが「失敗」したくないと思うなら冒険せずに暗い色を選ぶことが懸命です。

外壁塗装屋根塗装適正相場を知りたい方はこちら
Bitnami