グレーの外壁「人気の秘密」は?おしゃれな家に仕上げる色選びのコツ

住宅地を歩いていると、グレーの外壁を良く見かけると感じられる方も多いのではないでしょうか?グレーは外壁の人気色なんです!

この記事では、グレーの外壁のメリットやデメリット、おしゃれに見せるコツ、グレーの外壁と相性のいい色や塗装時のポイントなどを紹介させて頂きます。

グレーの外壁を検討されている方にとっては、覚えておくと役立つ情報が盛りだくさんです!是非、参考にしてみて下さい。

この記事でわかること
  • グレーの外壁塗装のメリット、デメリット
  • グレーの外壁をおしゃれに見せるコツとは?
  • グレーの外壁と相性のいい色選びのコツとは?
  • 外壁をグレーに塗装するときのポイントとは?

グレーは外壁塗装の人気色!

グレーは外壁の色の中でも非常に高い人気を誇っています。色合い的には地味な色のグレーが、なぜここまで人気になったのか。ここではそんなグレーの外壁にどのようなメリットがあるのか、それぞれ特徴をまとめてみました。

グレー外壁のメリット①汚れが目立ちにくい


外壁は日常的に砂埃が付いたり、車道に面していると、排気ガスにさらされたり、天候や温度変化の影響でコケ・カビなどが付着します。

これらの汚れが年月を経て、どんどん積み重なっていくわけです。こうした汚れの色は「中間色」です。

グレーは中間色を見えにくくし、隠す性質があるため、汚れを目立たなくします。

グレー外壁のメリット②落ちついた印象

グレーはモダンで落ち着きがあり、控えめでニュートラルなイメージを与えます。特に、日本人にとってグレーという色は好感が持たれやすい傾向にあります。

落ち着いた中にも上品で、お洒落なイメージを与えることもできるので、住宅街でもパッと目を引く家になるでしょう。

グレー外壁のメリット③周りの景観に合わせやすい


グレーは無彩にも有彩にも出来る色です。幅広く選ぶことが出来る色とも言えるので、周りと合わせることも可能です。

近隣の家のデザインに合わせたり、周囲の景観を損なうことなくおしゃれな外観にしやすい色と言えるでしょう。

グレー外壁のメリット④濃淡で個性を出せる


グレーは色の濃淡で印象もかなり変わります。白に近い薄いグレーは、清潔感があり、自然な印象を与えます。逆に黒に近い濃いグレーはシックで重厚感があるクールな印象を与えます。

それぞれ色の特徴を使い分けることで同じグレーでも個性を出すことができます。

まとめると…
  • グレーの外壁は汚れが目立ちにくく機能性が高い
  • 落ち着いた印象なのでどんな家でも選びやすい
  • グレーの濃淡によって個性を出すことも可能

グレーの外壁のデメリットは?

メリットの多いグレーの外壁ですが、いい事ばかりではありません。いったいどのようなデメリットがあるのでしょうか?ここではそんな「グレー外壁のデメリットについて」詳しくまとめてみました。

薄いグレーは色あせた印象に

薄いグレーは清潔感や自然な印象を与える反面、見方によっては白色が色あせてしまったように見えたり、くすんでいるような色にも見えてしまうこともあります。

汚れを目立たなくする特徴があるグレーですが、濃さによってはかえって汚れた印象に見えてしまうので、薄いグレーを選ぶ場合は注意が必要です。

暗くて、地味なイメージ


グレーはコンクリートや、アスファルトといった道路、ビルの色でもよく使われているため、無機質で殺風景な印象を与えます。よくいえば落ちついた色なのですが、地味な色ともいえます。

組み合わせる色や明度によっては、ぼんやりとした印象になってしまいがちなので、色選びをする際には、そのあたりにも気を配らねばなりません。

周囲の建物の色の影響を受けてしまう

周りと合わせやすいことが、デメリットとなってしまうこともあります。隣の家の色彩が鮮やかな家だった場合、実際の色よりも暗く見えてしまう場合があるのです。

逆に、周りの家もグレーや、淡い色の家だった場合は、濃いグレーの外壁であれば、周囲の家に溶け込みつつ、主張することができます。このように良くも悪くも周囲の外観に影響されてしまうことを頭に入れておきましょう。

人気の色なので似通ってしまう可能性も

グレー 外壁 住宅街グレーの外壁は人気があり、取り入れている家も多く、他の色と比べると、結果的に色合いが似てしまう可能性も多くなってきます。

グレーは幅が広い色なので、色味や明度で差をつけたり、差し色にもこだわってみましょう。そうすることで似てしまうのを回避することが出来るので、色々とイメージを膨らませてみることをおすすめします。

まとめると…
  • 淡いグレーは色あせたように見えてしまうことも
  • 他の色と比べるとやや地味で無機質な印象
  • 隣の壁の色の影響を受けやすい
  • 選びやすい反面、無個性になってしまう場合も

グレーの外壁をおしゃれに見せるコツ

外壁をグレーにする場合、おしゃれに見せるにはどのような方法があるでしょうか?グレーの外壁をおしゃれに見せたい方必見です。ここで、おしゃれに見せる秘訣をいくつかご紹介します。

明度の違いで印象が180℃変わる!


あまり聞きなれない言葉ですが、「明度」とは明るさや暗さの度合いのことです。明度を高くすれば色合いも白に近いライトグレーになりますし、明度を低くすれば黒に近いダークグレーになります。

色がもたらす印象も、明度が高いと清潔感や、爽やかな印象が生まれ、逆に明度が低いと都会的な印象、重厚感、主張された印象を与えることができます。

木目調で柔らかい印象に


グレーは一見すると、冷たい無機質な印象を受ける方もいらっしゃると思いますが、グレーに木目調のデザインを加えることで柔らかな印象を持たせることができます。

木目調にはあたたかいリラックスしたイメージがあり、冷たい印象を抑える性質がありますので、バランスよく組み合わせるといいでしょう。

色味を足すことでおしゃれに

グレーは、周りの建物の色の影響を受けてしまう部分があることについて解説させていただきましたが、カラフルな色合いの家が近隣に多くあると、グレーが暗く見える場合があります。

そのようなときは、グレーに青やピンク、黄色などの色味を足すと周囲の家との調和を図ることもできます。周りの外観になじむだけでなく、無機質な印象を持つグレーに主張を持たせることもできます。

まとめると…
  • グレーは明度で印象が大きく変わる
  • 木目や色味を足すとグッとおしゃれに

グレーの外壁と相性のいい色選びのコツとは?

グレーは一色にした場合でも魅力的ですが、他の色と組み合わせることでグレーの色を、より一層おしゃれに際立たせることができます。ここではグレーの良さが引き立つ組み合わせを紹介していきます。

グレー×白


グレーと白の組み合わせは、色の対比がはっきりしており、白が爽やかな印象を与えます。白には清潔感を与え、暗い色を引き立てる性質があるのでグレーとの相性はいい色といえるでしょう。

茶色寄りのグレーを選ぶと、温かな印象に、青みがかったグレーを選ぶと、クールでスタイリッシュな印象になります。

なお、両者とも言えるのが、白を際立たせるために、グレーは濃い目を選ぶのがコツです。

グレー×ベージュ


グレーとベージュの組み合わせは白と同様に色の対比がはっきりしています。ベージュが緊張をゆるめる性質の色のため、リラックスした穏やかな印象を加えてくれます。

また、木目調を入れるのもおすすめです。茶色で引き締め効果を出しながらも、温かな印象はそのままにすることができます。

グレーは茶色みがかったグレーを選ぶのが良いでしょう

グレー×黒


グレーと黒の組み合わせは、ワンポイントに黒を入れることで、全体を引き締める効果があります。黒に力強いイメージがあるので、明度の違うグレーと併用することでメリハリがつき、スタイリッシュな印象が際立ちます。

黒にも重厚感があるので、濃いグレーとあわせれば、重厚感を押し出せますし、淡いグレーを用いれば、明るさや爽やかさを演出することもできます。

グレー×ネイビー


「重厚感は出さなくていいんだけど、スタイリッシュな感じにしたい…」という方にはグレーとネイビーの組み合わせがおすすめです。

ネイビーなら重厚感を抑えて、全体を引き締めることができます。この時、青みがかったグレーを選ぶのがコツです。

まとめると…
  • 組み合わせる色が明るければ濃いグレーを
  • 暗い色と組み合わせるなら明るいグレーを
  • 出したい印象に合わせてグレーの色味を選ぶ

グレー外壁の施工イメージを画像付きで紹介!

グレー外壁の特徴と、組み合わせる色の相性が、段々わかってきたのではないでしょうか。ここではグレー外壁の施工イメージをご紹介します。

黒で重厚な存在感を演出


濃いグレー外壁と、黒の組み合わせは、非の打ち所がない洗練されたデザインで、重厚感のある住宅を演出できます。

石積調やレンガ調の外壁を選べば立体感が生まれ、より存在感を引き出せるでしょう。

調和のとれた3色でモダンに


「薄いグレー」と「濃いグレー」を上下に使い、差し色に木目を入れることで、地味に見えがちなグレー外壁が、明るい風情のある印象になります。

薄いグレーには漆喰調を、濃いグレーには木目調と、組み合わせが豊富で、おしゃれの幅が広いのも特徴です。

モノトーンでスタイリッシュに


「濃いグレー」と「白or薄いグレー」の組み合わせは、人気も高く、片流れや平らな屋根の建物に非常によく合います。

グレー外壁でスタイリッシュにするなら定番と言えるかも知れません。どの外壁模様とも相性がいいのもポイントです。

外壁をグレーにしたい!塗装時のポイントは?

グレーの外壁材に合う相性のいい色や、お洒落な施工見本をご紹介しました。実際にグレー色の外壁塗装をするときに気を付けたいポイントを3つご紹介します。失敗しないためにも、ここはしっかり抑えておきましょう。

カラーシミュレーションで細かな色合いをチェック


「こんなグレーにしたい!」というイメージが膨らんできた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、実際の家に当てはめてみるとイメージと違った印象になることも、実は多いのです。

色の濃淡や明度で、家の印象や見え方はガラッと変わってきます。そのため、色選びは慎重に行いましょう。各メーカーがカラーシミュレーションを気軽に行えるソフトやアプリを公開しています。それを利用して、仕上がりのイメージを膨らませていきましょう。

そうすれば、出来上がった後に「思ったより、地味…」「ぼんやりした色合いになっちゃった…」ということを防ぐことが出来ます。

ただし、カラーシミュレーションはあくまでシミュレーションです。実際の塗料の色を完全に再現するのは不可能ですので、あくまで参考程度にとらえておきましょう。

近隣を実際に歩いて色のバランスをチェック

「イメージ通りに塗装できた!」となっても、「なんかうちだけ色が浮いてる…」なんてことは避けたいですよね。

外壁塗装で失敗しないためには、家の周りを歩いて、イメージしている色味が周囲の環境とどう馴染むかどうか、想像してみましょう。

外壁の色味が明るい家が多いと、グレーは地味に見えてしまうかもしれません。その場合は明るい色を差し色に使い、グレーの色味を差し色に寄せると良いでしょう

逆に、周りが薄い色やグレーが多い場合なら、周りに溶け込みやすく、主張もしやすいです。

大きな色見本で確認


イメージを存分に膨らませたら、施工を依頼する塗装業者に「色見本」をもらって、確認してみましょう。

暗い色・明るい色どちらも面積が大きければ、より暗く面積が大きければ、より明るく見えるようになるので、最低でもA4サイズ以上の大きさの色見本は必要になります。

その色見本を、いろんな時間帯の太陽光で見てみてください。外壁というのは基本的に太陽光の下で見ることになるので、それが一番仕上がりに近い色になるでしょう。

業者にもよりますが、試し塗りをお願いして実際の色を確認してみるのもいいかもしれません。その場合は施工をお願いする業者に相談してみましょう。

まとめると…
  • カラーシミュレーションで事前にチェック
  • 周囲の家の色味も確認しておく
  • 大きな色見本を太陽光の下で確認

「グレーの外壁」人気の秘密は自由度の高さ!

ここまで、読んで頂いた方には伝わったのではないでしょうか。グレーは非常に自由度が高い色で、幅広い層の需要に応えることができます。

グレーの外壁は、組み合わせる色によって、印象が大きく変えられるのも魅力ですね。グレーを使う場合は、全体的に色味の統一感を出すことがコツになります。

新築・外壁塗装を検討されている方は、是非グレーを使いこなして、おしゃれな外壁にされてみてはいかがでしょうか。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami