外壁塗装の「塗料」どう選ぶ?塗料の種類から特徴まで徹底比較します!

いざ外壁塗料を選ぼうと思っても種類がありすぎて分からない…
選ぶ基準がいろいろありそうだけどグレード以外には何があるの?
塗料選びに慣れていない方は、何を基準に選んでいいのか悩みますよね。

外壁塗料の選び方にはちゃんとコツがあるので、コツや塗料に関するポイントを抑えれば初心者の方でも失敗せずに塗料を選ぶことができます

それでは外壁塗料選びのポイントを解説していきます。

この記事でわかること
  • 外壁にあった塗料を失敗することなく選べる
  • 初心者でも塗料の分類方法がよく分かるようになる
  • 塗料の特徴や種類が理解できる

塗料の分類方法は主に2種類ある

塗料を分類する際には、①グレードで分類する場合と②グレード以外で分類する場合の主に2パターンです。

グレードとは、簡単に言えばランクのようなものです。主に塗料の耐久年数で区別されており、グレードごとに価格や耐用年数がおおよそ決まっています。

①塗装をグレードで分類する方法

では最初に塗料をグレードで分類する方法を説明していきます。このグレードが上がれば工事の価格にも差が出てくるので値段と質のどちらをとるかも選ぶ際の基準になりますね。

外壁塗装で使う主な塗料グレードは「ウレタン」「シリコン」「フッ素」の3種類です。「アクリル」というものを聞いたことがある方もいるかもしれませんが、耐久性が低いなどコストパフォーマンスが悪すぎるため現在はほとんど使われていません。

そして一般的に「アクリル」→「ウレタン」→「シリコン」→「フッ素」の順にグレードが上がっていくと言われています。

主な塗料グレードの特徴は?

塗料を選ぶ際にそれぞれの塗料の特徴を知っておくことは大切です。ここでは主に使われている塗料の特徴を解説していきます。

ウレタン塗料

ウレタンは、ポリウレタン樹脂を利用した塗料が主流です。また、光沢があり高級な質感が得られるところが特徴です。

また、工事価格が安いというメリットがありますが、耐用年数が短いため次のリフォームまでの期間が短いというデメリットもあります。

代表塗料は「クリーンマイルドウレタン」です。

シリコン塗料

シリコン塗料では、アクリル塗料をシリコン結合して作られたアクリルシリコン塗料が主流です。汚れが付着しにくい性質があり、コストパフォーマンスも高いという特徴があります。

また、ウレタン塗料のように寿命が短いわけでもなく、フッ素塗料のように価格が高くもありません。

デメリットとしては、次回のリフォーム時に塗料が付着しにくい点が挙げられますが、適切な処理を施せば問題ありません。

代表塗料は「クリーンマイルドシリコン」です。塗料選びに迷ったらシリコン塗料を選んでおけば失敗しないという認識がありほどシリコン塗料はよく使われます。

フッ素塗料

フッ素塗料は、改良を重ねたフッ素樹脂を利用した塗料が主流です。フッ素はフライパンや歯磨き粉にも利用されている優れた素材であり、耐久性が高くメンテナンスの手間が少なくて済むというメリットがあります。

特に、屋根は外壁に比べて全然劣化しやすいため、屋根を長持ちさせたい方におすすめです。また、外壁の美しさを長く保ちたい人に向いている方にもおすすめです。反対に、工事価格が高いというデメリットがあります。

代表塗料は「ファイン4Fセラミック」です。

それぞれの塗料の耐久年数や費用は?

それぞれの耐久年数や費用なども以下の表を参考にまとめたので、塗料を選ぶ際に活用してください。

種類 耐久年数 単価(1㎡あたり)
ウレタン塗料 8〜10年 2,100〜3,100円
シリコン塗料 10〜15年 2,800〜4,100円
フッ素塗料 15〜20年 3,700〜4,700円

※耐久年数は塗料の塗替え時期のこと
※ちなみに30坪程度の住宅だと70〜100万円が一般的な全体工事価格の平均

注意
ただし表にある耐久年数は目安でしかなく、実際の寿命は外壁の劣化具合で決まります。また、屋根塗装の場合は紫外線や雨風の影響を受け易いため、同じグレードの塗料でも外壁塗装より1〜5年ほど寿命が短くなります。

3つで迷った場合おすすめの塗料は?

この3つで迷った場合は、日本で最も利用されている「シリコン塗料」がおすすめです。

ウレタン塗料では耐久性が足りないが、しかしグレードの高い塗料にしてしまうと今度は値段が跳ね上がってしまう…という場合がけっこうあります。そこで、耐久性の割にはそこまで高すぎず、コストパフォーマンスの良いシリコン塗料を選ぶ人が多いのです。

シリコン塗料はコストパフォーマンスがよく、初心者でも安心して使える塗料だと言えますね。

新しい塗料「ラジカル」って?

ちなみに現在はラジカルという新しい塗料の種類も出ています。正式には「ラジカル制御型塗料」といって、耐久性が14~16年と高かったり、防藻・防かび機能を有していたりなど、シリコンと並び筆者おすすめの優れた塗料です。

外壁を触ったとき白い粉が付着したことはありませんか?詳しくはここでは説明しませんが、これはチョーキング現象といい樹脂の劣化を意味しています。ラジカル制御型塗料はこのチョーキング現象に対しても高い効果があるのです。

チョーキング現象については、以下の記事で詳しく解説しています。
外壁塗装の「チョーキング現象」とは?原因と対策方法を解説します!

まとめると…
  • ウレタン塗料は高級な質感が得られ工事費用が安いが、耐用年数が短い
  • シリコン塗料は汚れが付着しにくくコスパが良いが、次回のリフォーム時に塗料が付きにくい
  • フッ素塗料が耐久性が高く少ないメンテナンスで済むが、工事価格が高い

特殊性能がある外壁塗料

先ほど説明した主な外壁塗料の他に、特殊性能がある外壁塗料も存在します。主な種類は「遮熱塗料」「断熱塗料」「光触媒塗料」の3つです。ここではそれぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介していきます。

遮熱塗料

断熱塗料は、シリコンやフッ素といった塗料グレードには、「遮熱性能」を備えた塗料があります。遮熱性能とは、太陽光を反射して熱の発生を抑制する機能のことです。

メリットとしては室内が涼しくなるため冷房費用の節約が期待できることが挙げられます。

反対に、冬でも室内温度を下げてしまうため寒くなってしまうことがデメリットとして挙げられます。そのため、冬よりも夏の暑さが辛い地方に適していると言えます。

遮熱塗料、断熱塗料は各塗料グレードの1〜3割増しの価格であることが一般的です。

断熱塗料

シリコンやフッ素といった塗料グレードには「断熱性能」を備えた塗料があり、断熱性能とは、熱が伝わりにくくする機能です。

遮熱塗料は熱の発生を防ぎ、断熱塗料は熱の移動を防ぐという違いがあります。また断熱塗料は効果が期待できる塗料がほとんど存在していません。信用できる塗料で有名な商品は「ガイナ」です。

夏場だと室内が涼しくなるため冷房費用の節約が期待でき、冬場だと保温ができるため暖かくなるというメリットがある一方で、費用が高額であるというデメリットも存在します。

また断熱塗料は室内の温度を快適に保ちたい場合に適していると言えます。

光触媒塗料

光触媒塗料は光によって汚れを自動で分解する、他の塗料とは一線を画した独自性が強い塗料です。トイレメーカーのTOTOがシェアの多くを占めていましたが、一部の商品の販売を中止したため、現在では高性能な商品が手に入りにくくなっています。

メリットとしてメンテナンスの手間が省けるという点が挙げられますが、非常に高額であること、色の種類が少ない工事難易度が高く適切な施工ができる業者が少ないというデメリットもあります。

外壁のメンテナンスの手間を省きたい場合に効果的です。ちなみに、光触媒塗料は屋根塗装では使えないので気をつけましょう。

光触媒塗料は4,500円〜6,000円程度で、耐用年数は15〜20年です。なお光触媒塗料は屋根には利用できないので間違えて利用するなどのないようにしてください。

②塗料グレード以外の分類方法

今見てきたように塗料のグレードで分類する以外にもいくつか分類の基準があるので、ひとつずつ紹介していきます。

1液形塗料と2液形塗料

これは、「塗料を単体で使う」のが1液形、「主剤と硬化剤といったように2種類を混ぜ合わせる」のが2液形です。性能に大きな違いはないため、どちらを選ぶかは基本的に業者に任せることをおすすめします。

また、特徴としては1液形は塗料が乾燥しにくく翌日でも再利用が可能なため作業しやすくなっています。しかし天候の影響を受けやすいというデメリットもあります。

反対に2液形は乾燥が早いため天候の影響を受けにくいというメリットがある反面、数時間で硬化するため再利用ができず、作業が進みにくいというデメリットもあります。

割れやすさの違い

基本的に塗料は劣化すると割れやすくなってしまいます。この対策として、塗料の弾力性を高める「弾性塗料」を使うのもおすすめです。これを使用することにより、ひび割れが防ぎやすくなります。

特にモルタル外壁はひび割れが起こりやすいため「弾性塗料」を使用するのが良いでしょう。

光沢感の違い

艶の有無によって塗料の光沢が変わってきます。艶の種類は、艶あり(全艶)、7分艶、半艶、3分艶、艶なしの5種類です。

塗料によって存在する艶は異なっており、特にフッ素塗料は成分の性質上、艶なしだけというケースも多いです。艶があるほど新築のような輝きを得られるますが、ギラギラしていて目立ちすぎるデメリットがもあります。

反対に艶がまったくないと見すぼらしい外見となってしまうでしょう。このため、3分艶以上の艶を利用するのが一般的です。

色による違い

色によって光の反射率が異なるため室内の温度が変わります。特に遮熱塗料、断熱塗料は色によって2倍近くも効果が変わってくるのです。

遮熱や断熱塗料を使う場合は白に近い色を推奨します。黒に近い色の塗料ほど室温が上がりやすくなってしまいます。また、汚れを目立たせたくないのならグレーやブラウンがオススメです。

悪臭や環境に対する違い

塗料には「水性」と「油性」があります。違いは希釈方法によります。希釈とは、作業性を高めるために塗料を水やシンナーで薄めることを意味します。

かつては油性塗料のほうが耐用年数が長かったのですが、現在では水性塗料の性能が上がったため、両者に大きな違いはないと考えられています。

>水で希釈するのが水性塗料で、シンナー等の溶剤を使うのが油性塗料と区別しておきましょう。水性塗料は価格が安く臭いがしにくいメリットがある一方で、天候の影響を受けやすく油性より剥がれやすいというデメリットもある。

これに対し油性塗料は天候の影響受けにくくはがれにくいというメリットはありますが、価格が高くて悪臭がするデメリットがあります。また、シンナーを使うため塗料が引火する危険性も考慮する必要がでてくるでしょう。

まとめると…
  • 塗料グレード以外の分類方法も参考にできる
  • その主な分類法は「1液形塗料と2液形塗料」「割れやすさの違い」「光沢感の違い」「色による違い」「悪臭や環境に対する違い」などです。

 

外壁塗料の選定基準(まとめ)

塗料選びを失敗しないためには、それぞれの塗料のメリットやデメリットを踏まえたうえで選んでいくことが大切です。また、グレードで分類する方法以外にも、割れやすさの違いや環境に対する違いなど分類する方法はいくつかあります。これらの内容を確認したうえで自分の外壁にあった塗料を選びましょう!

Bitnami